第25回 問題19【令和4年度 ケアマネ試験 介護支援分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題19 指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準第13条の具体的取扱方針のうち、介護支援専門員に係るものとして正しいものはどれか。3つ選べ。
1.利用者の心身又は家族の状況等に応じ、継続的かつ計画的に指定居宅サービス等の利用が行われるようにしなければならない。
2.その地域における指定居宅サービス事業者等に関するサービスの内容、利用料等の情報を適正に利用者又はその家族に対して提供するものとする。
3.居宅サービス計画の原案の内容について利用者やその家族に対して説明し、口頭で利用者の同意を得るものとする。
4.作成した居宅サービス計画は、利用者から求めがなければ、利用者に交付しなくてもよい。
5.介護保険施設等から退院又は退所しようとする要介護者から依頼があった場合には、あらかじめ居宅サービス計画の作成等の援助を行うものとする。

猫の写真

解答

1、2、5

解説

1.利用者の心身又は家族の状況等に応じ、継続的かつ計画的に指定居宅サービス等の利用が行われるようにしなければならない。
→◯

 設問のとおりです(2022ユーキャン速習レッスンP156、九訂基本テキスト上巻P317)。

2.その地域における指定居宅サービス事業者等に関するサービスの内容、利用料等の情報を適正に利用者又はその家族に対して提供するものとする。
→◯

 設問のとおりです(2022ユーキャン速習レッスンP156、九訂基本テキスト上巻P318)。

3.居宅サービス計画の原案の内容について利用者やその家族に対して説明し、口頭で利用者の同意を得るものとする。
→×

 居宅サービス計画の原案の内容について利用者やその家族に対して説明し、文書により利用者の同意を得ることとされています(2022ユーキャン速習レッスンP155、九訂基本テキスト上巻P322)。そのため、解答は×になります。

4.作成した居宅サービス計画は、利用者から求めがなければ、利用者に交付しなくてもよい。
→×

 作成した居宅サービス計画は、利用者からの求めがあるかどうかにかかわらず、利用者に交付しなければならない、とされています(2022ユーキャン速習レッスンP155、九訂基本テキスト上巻P323)。そのため、解答は×になります。

5.介護保険施設等から退院又は退所しようとする要介護者から依頼があった場合には、あらかじめ居宅サービス計画の作成等の援助を行うものとする。
→◯

 設問のとおりです(2022ユーキャン速習レッスンP156、九訂基本テキスト上巻P327)。

トップへ戻る