介護保険審査会の委員・合議体【一問一答 ケアマネ試験対策】

猫の写真

介護保険審査会の委員・合議体について、◯か×で答えなさい

Q1 介護保険審査会の公益代表委員の定数は、市町村の条例で定める。
解答を見る >
A ×
 介護保険審査会の公益代表委員の定数は、都道府県の条例で定める。
Q2 介護保険審査会の会長は、保険者である市町村を代表する委員から選出する。
解答を見る >
A ×
 介護保険審査会の会長は、公益代表委員から選出する。
Q3 要介護認定の審査請求事件は、市町村代表委員が取り扱う。
解答を見る >
A ×
 要介護認定・要支援認定についての審査請求の事件は、公益代表委員のうちから、保険審査会が指名する者で構成する合議体で取り扱う。
Q4 要介護認定又は要支援認定に関する処分以外についての審査は、被保険者を代表する委員のうちから介護保険審査会が指名する委員で構成される合議体で行われる。
解答を見る >
A ×
 要介護認定・要支援認定に関する処分以外についての審査は、被保険者代表委員3人、市町村代表委員3人、公益代表委員3人(会長1人を含む。他の2人は介護保険審査会が指名)で構成される合議体で取り扱う。
Q5 介護保険審査会の専門調査員は、介護支援専門員のうちから都道府県知事が任命する。
解答を見る >
A ×
 介護保険審査会の専門調査員は、保健・医療・福祉に関する学識経験者から、都道府県知事が任命する。


ポイント解説

介護保険審査会の委員

 これは、次のようになっています。

委員の定数
市町村代表委員 3人
被保険者代表委員 3人
公益代表委員 3人以上であって、政令で定める基準に従い都道府県が条例で定める数(都道府県の規模や審査請求件数などに応じて設定)
会長の選任 公益代表委員のうちから、委員による選挙で会長を1人選任
任命 都道府県知事が任命
任期 任期は3年、再任も可
身分 非常勤で、特別職に属する地方公務員
その他 守秘義務が課せられる(違反すると罰則が適用)

審理・裁決を行う合議体

 まず、介護保険審査会に審査請求できるのは、次の事項です。

介護保険審査会に審査請求できる事項
保険給付に関する処分(被保険者証の交付の請求に関する処分、要介護・要支援認定に関する処分を含む)
保険料その他介護保険法の規定による徴収金に関する処分(財政安定化基金拠出金、介護給付費・地域支援事業支援事業納付金およびその延滞金に関する処分を除く)

 このうち「要介護認定・要支援認定に関する処分」については、公益代表委員のみの合議体で取り扱います。

 「要介護認定・要支援認定に関する処分」以外(被保険者証の交付請求などに関する処分、保険料その他介護保険法の規定による徴収金に関する処分)については、市町村代表委員3人、被保険者代表委員3人、公益代表委員3人(会長1人を含む。他の2人は介護保険審査会が指名)で取り扱います。

「財政安定化基金拠出金、介護給付費・地域支援事業支援事業納付金およびその延滞金に関する処分を除く」について
 財政安定化基金拠出金、介護給付費・地域支援事業支援納付金およびその延滞金は、被保険者には直接関係しません。したがって、これらに関して被保険者が介護保険審査会に審査請求する必要はない、と言えます。
関連Q&A
国保連の苦情処理と介護保険審査会の不服審査は、どう違うのですか?

国保連が行う苦情処理 → サービスについての苦情処理

 これは、“事業者・施設が提供したサービス”についての苦情に関する処理です。  たとえば、利用者が訪問介護を利用して、「事前の説明と、サービス内容が違う」、「利用していない分まで費用請求された」という場合は、その苦情を国保連に対して申し立てて、それを国保連が処理します。  

介護保険審査会が行う不服審査 → 市町村の行政処分についての不服審査

 これは、“市町村が行う行政処分”に対する不服についての審査です。  たとえば、被保険者が認定の申請を行い、市町村が出した結果が「自立(非該当)」で、それに納得できない場合は、介護保険審査会に対して不服申立てをして、それについて介護保険審査会が審査を行います。

専門調査員

 要介護認定・要支援認定の処分に関する審査請求を迅速・正確に処理するため、専門調査員を置くことができます。

 専門調査員は、保健・医療・福祉に関する学識経験者から、都道府県知事が任命します。

 身分は、非常勤特別職の地方公務員で、守秘義務が課せられます(違反すると罰則が適用)。

トップへ戻る