モニタリング・再課題分析

猫の写真

スポンサーリンク
レクタングル (大)

モニタリング・再課題分析について、◯か×で答えなさい

Q1 モニタリングでは、少なくとも一月に一回、利用者の居宅を訪問し、利用者に面接しなければならない。
解答を見る >
A ◯
 設問のように規定されている。
Q2 モニタリングでは、利用者に同居家族がいる場合は、家族との面接を実施しなければならない。
解答を見る >
A ×
 利用者の家族と「連絡を継続的に行うこと」とは規定されているが、面接については規定されていない。
Q3 モニタリングでは、定期的にサービス提供者との面接を実施しなければならない。
解答を見る >
A ×
 「居宅サービス事業者等との連絡を継続的に行うこと」とは規定されているが、サービス提供者との面接については規定されていない。
Q4 モニタリング標準項目は、厚生労働省から提示されている。
解答を見る >
A ×
 厚生労働省から、モニタリングについての標準項目は提示されていない。
Q5 モニタリングを行い、必要に応じて居宅サービス計画を変更するものとする。
解答を見る >
A ◯
 介護支援専門員は、モニタリングを行い、必要に応じて居宅サービス計画の変更、サービス事業者との連絡調整などの便宜を図ることとされている。
Q6 モニタリングの結果は、少なくとも1月に1回記録しなければならない。
解答を見る >
A ◯
 「少なくとも1か月に1回、モニタリングの結果を記録すること」と規定されている。
Q7 モニタリング情報は、3カ月ごとに保険者に報告しなければならない。

解答を見る >
A ×
 設問のような規定はない。また、モニタリングについての情報を、どこかに報告するという規定はない。
Q8 モニタリングによって要介護度の変化を把握した場合、認定調査員に再調査を依頼する。
解答を見る >
A ×
 設問のような規定はない。なお、要介護度の変化があった場合は、利用申込者の意思を踏まえ、区分変更の申請を支援するなど、必要な協力をしなければならない。

ポイント解説

モニタリングの頻度

 モニタリングにおいては、利用者とその家族、サービス事業者等との連絡を継続的に行い、特段の事情のない限り、次のように行わなければなりません。

少なくとも1か月に1回、利用者の居宅を訪問し、利用者に面接すること。
少なくとも1か月に1回、モニタリングの結果を記録すること。

介護予防支援でのモニタリング
 介護予防支援でのモニタリングは、次のように行うこととされています。

少なくともサービス提供の開始月の翌月から起算して3か月に一回サービスの評価期間が終了する月利用者の状況に著しい変化があったときは、利用者の居宅を訪問し、利用者に面接する。

利用者の居宅を訪問しない月においては、可能な限り、指定介護予防通所リハビリテーション事業所を訪問するなどして、利用者に面接するよう努める

面接ができない場合は、電話などにより利用者との連絡をとる

少なくとも1月に1回、モニタリングの結果を記録する。

介護予防支援でのモニタリング
介護予防支援でのモニタリングについて、◯か×で答えなさい Q1 介護予防支援では、少なくともサービスの提供を開始する月の翌月か...

施設サービスでのモニタリング
 施設サービスでは、次のようにしてモニタリングを行うこととされています。

定期的に入所者に面接すること。
定期的にモニタリングの結果を記録すること。

施設サービス計画の同意・交付、モニタリング
施設サービス計画の同意・交付、モニタリングについて、◯か×で答えなさい Q1 施設サービス計画の原案について、入所者またはその...
スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)
ワークブック 基本テキスト
以下のリンクから、本を購入できます。

中央法規
ケアマネジャー試験
ワークブック2018

www.amazon.co.jp

七訂
介護支援専門員
基本テキスト

item.rakuten.co.jp
※平成30年5月末に「八訂」が発行される予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る