サービス担当者会議

猫の写真

スポンサーリンク
レクタングル (大)

サービス担当者会議について、◯か×で答えなさい

Q1 居宅サービス計画の作成に当たっては、原則として、サービス担当者会議を開催し、利用者に関する情報の共有、専門的意見の聴取を行うことが必要である。
解答を見る >
A ◯
 サービス担当者会議の開催により、利用者の状況等に関する情報を担当者と共有するとともに、居宅サービス計画の原案の内容について担当者から専門的な見地からの意見を求める。
Q2 居宅サービス計画の原案の内容について利用者が了解した場合は、サービス担当者会議の開催は不要である。
解答を見る >
A ×
 居宅サービス計画の原案に関して、サービス担当者会議は原則として開催する。ただし、やむを得ない理由がある場合は、担当者に対する照会等により意見を求めることができることとされている。この「やむを得ない理由」は、開催の日程調整を行ったがサービス担当者の都合で参加が得られなかった場合、居宅サービス計画の変更であって利用者の状態に大きな変化がない場合等における計画の軽微な変更の場合、などが想定されている。
 しかし、設問にある「利用者が了解している」というだけでは、サービス担当者会議を省略することはできない。
Q3 利用者が要介護状態区分の変更の認定を受けた場合には、サービス担当者会議を開催するのが原則である。
解答を見る >
A ◯
 サービス担当者会議は原則として、居宅サービス計画を新規に作成したとき、変更したとき、更新認定または区分変更認定を受けたときに開催する。
Q4 サービス担当者会議は、少なくとも3ヶ月に1回は、開催しなければならない。
解答を見る >
A ×
 設問のような規定はない。なお、Q3の解説にあるように、サービス担当者会議は原則として、居宅サービス計画を新規に作成したとき、変更したとき、更新認定または区分変更認定を受けたときに開催する。
Q5 居宅サービス計画の原案についてのサービス担当者会議の招集は、地域包括支援センターが行う。
解答を見る >
A ×
 居宅介護支援におけるサービス担当者会議の召集は、介護支援専門員が行う。
Q6 サービス担当者会議へ利用者や家族の参加が望ましくない場合には、必ずしもその参加を求めない。
解答を見る >
A ◯
 サービス担当者会議へは、利用者とその家族が参加するのが基本だが、「利用者やその家族の参加が望ましくない場合(家庭内暴力等)には、必ずしも参加を求めるものではない」とされている。
Q7 サービス担当者会議に、特記事項を書いた認定調査員は、出席しなければならない。
解答を見る >
A ×
 サービス担当者会議に参加するのは、「利用者およびその家族の参加を基本としつつ、居宅サービス計画の原案に位置づけた指定居宅サービス等の担当者」とされている。
Q8 サービス担当者会議において利用者の家族の個人情報を用いる場合は、その家族の同意を文書で得ておかなければならない。
解答を見る >
A ◯
 サービス担当者会議等において、利用者の個人情報を用いる場合は利用者の同意を、利用者の家族の個人情報を用いる場合は当該家族の同意を、あらかじめ文書により得ておかなければならない。

ポイント解説

サービス担当者会議の召集、開催のタイミング

 サービス担当者会議は、介護支援専門員が召集して開催されます。

 開催するのは原則として、居宅サービス計画を新規に作成したとき、変更したとき、更新認定または区分変更認定を受けたときです。

 ただし、やむを得ない理由がある場合は、担当者に対する照会等により意見を求めることができます。この「やむを得ない理由」は、
開催の日程調整を行ったが、サービス担当者の都合で参加が得られなかった場合
居宅サービス計画の変更であって利用者の状態に大きな変化がない場合等における計画の軽微な変更の場合
 などが想定されています。

参加者

 参加者は、利用者およびその家族を基本としつつ、居宅サービス計画の原案に位置付けたサービスの担当者になります。

個人情報を用いる場合

 サービス担当者会議等において、利用者の個人情報を用いる場合は、利用者の同意をあらかじめ文書により得ておかなければなりません。

 同様に、利用者の家族の個人情報を用いる場合は、家族の同意をあらかじめ文書により得ておかなければなりません。

スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)
ワークブック 基本テキスト
以下のリンクから、本を購入できます。

中央法規
ケアマネジャー試験
ワークブック2018

www.amazon.co.jp

七訂
介護支援専門員
基本テキスト

item.rakuten.co.jp
※平成30年5月末に「八訂」が発行される予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る