地域に対するソーシャルワークの概要【一問一答 ケアマネ試験対策】

猫の写真

地域に対するソーシャルワークの概要について、◯か×で答えなさい

Q1 地域における多様な住民の課題に応えるため、医療、保険、福祉等の専門職だけで問題解決を図る。
解答を見る >
A ×
 マクロ・ソーシャルワーク(地域援助)における働きかけは、医療・保健・福祉等の専門職だけではなく、地域の住民やボランティアなども対象としている。
Q2 地域に対するソーシャルワークでは、多様な年代の人々や、文化的背景をもった人々との交流を促進する。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q3 地域に対するソーシャルワークは、自治体や社会福祉協議会だけが実施できる。
解答を見る >
A ×
 自治体や社会福祉協議会だけでなく、NPO法人などが実施することもできる。
Q4 地域に対するソーシャルワークでは、情報センターや総合相談窓口などを設置するなど、地域住民が福祉サービスをよりよく知り、利用できるための手段をつくりだす。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q5 地域に対するソーシャルワークでは、地域住民が福祉に関する情報を入手したり、相談ができるような環境を整備する。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
トップへ戻る