集団に対するソーシャルワークの事例【一問一答 ケアマネ試験対策】

猫の写真

集団に対するソーシャルワークの事例について、◯か×で答えなさい

Q1  特別養護老人ホームの入居者と地域住民との交流を目的とした夏祭りのためのボランティアの募集は、集団に対するソーシャルワークに該当する。
解答を見る >
A ×
 設問の内容は、マクロ・ソーシャルワーク(地域に対するソーシャルワーク)に該当する。
Q2 通所介護で計画的に実施する誕生会でのゲーム等の活動は、集団に対するソーシャルワークに該当する。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q3 地域支援事業として行われる、虚弱高齢者のグループを対象とした介護予防活動への助言は、集団に対するソーシャルワークに該当する。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q4 民生委員による地域の認知症高齢者の見守り活動は、集団に対するソーシャルワークに該当する。
解答を見る >
A ×
 設問の内容は、マクロ・ソーシャルワーク(地域に対するソーシャルワーク)に該当する。
Q5 認知症高齢者を介護する家族の集まりにおいて行う介護方法等に関するグループ活動は、集団に対するソーシャルワークに該当する。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。


ポイント解説

ソーシャルワークの類型

ソーシャルワークの3次元での類型
ミクロ・ソーシャルワーク
個人・家族に対するソーシャルワーク

 クライエントの心理的力動に着目し、心理社会的なはたらきかけを行うとともに、社会資源の活用・調整を通して生活課題を個別に解決する支援方法

メゾ・ソーシャルワーク
集団に対するソーシャルワーク

 人々の集団としての活動を通して、各個人の成長と発達、問題の解決する支援方法

マクロ・ソーシャルワーク
地域に対するソーシャルワーク

 地域社会における社会関係にはたらきかけることで、個人・集団に対する支援が有効に機能するように、社会資源を調整・開発する支援方法

制度に対するソーシャルワーク
・ソーシャルアクション(制度の改革を目指す活動)
・ソーシャル・プランニング(社会福祉計画)
・ソーシャル・アドミニストレーション(社会福祉運営管理)
・社会福祉調査 など
上記以外の類型
コミュニティ・ソーシャルワーク 地域へのはたらきかけと個人へのはたらきかけを、より一体的に捉える考え方
トップへ戻る