第25回 問題12【令和4年度 ケアマネ試験 介護支援分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題12 包括的支援事業の各事業において配置することとされている者として正しいものはどれか。3つ選べ。
1.生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)
2.介護サービス相談員
3.認知症地域支援推進員
4.チームオレンジコーディネーター
5.福祉用具専門相談員

猫の写真

解答

1、3、4

解説

 包括的支援事業の「生活支援体制整備事業」において「1.生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)」が、「認知症総合支援事業」において「3.認知症地域支援推進員」と「4.チームオレンジコーディネーター」が配置されます。そのため、これらの解答が○になります。

包括的支援事業の詳細は、以下の「ポイント解説」を参照
包括的支援事業について、◯か×で答えなさい Q1 包括的支援事業は、第1号被保険者と第2号被保険者を対象とする。 解答を...


 なお、「2.介護サービス相談員」は、任意事業の「地域自立生活支援事業」において派遣されるものです(2022ユーキャン速習レッスンP119、九訂基本テキスト上巻P159)。
 利用者に何らかの問題があった場合に、介護サービス相談員を派遣して、その問題が大きくならないうちに(国保連などへの苦情申立にならないうちに)、介護サービス相談員がサービス事業者等への問題提起をして解決を図ります。

 「5.福祉用具専門相談員」は、福祉用具貸与事業者・特定福祉用具販売事業者の人員基準で規定されています(2022ユーキャン速習レッスンP378、九訂基本テキスト上巻P550・552)。

トップへ戻る