任意事業

猫の写真

スポンサーリンク
レクタングル (大)

任意事業について、◯か×で答えなさい

Q1 介護給付等費用適正化事業は、任意事業である。
解答を見る >
A ◯
 介護給付等費用適正化事業は、任意事業として市町村が実施することが可能。
Q2 任意事業には、ケアプランの点検が含まれる。
解答を見る >
A 〇
 任意事業の介護給付等費用適正化事業において、ケアプランの点検が行われる。
Q3 総合相談支援事業は、任意事業である。
解答を見る >
A ×
 総合相談支援事業は、包括的支援事業に位置づけられている(包括的支援事業の実施は必須)。
Q4 家族介護支援事業は、任意事業に含まれる。

解答を見る >
A ◯
 家族介護支援事業は、任意事業として市町村が実施することが可能。
Q5 認知症高齢者見守り事業は、任意事業に含まれる。
解答を見る >
A 〇
 任意事業の家族介護支援事業において、認知症高齢者見守り事業が行われる。

ポイント解説

任意事業の内容

 事業の内容は、次のようになっています。

任意事業の内容
介護給付費適性化事業 提供されるサービスが利用者の自立支援に役立っているのか、事業者による過度の利用者掘り起こしや不正請求などはないかという観点から、これらの悪いところを正していく(サービス内容の適正化と介護費用の適正化を行う)というもの。この考え方に基づいて、ケアプランの点検を行う。
家族介護支援事業 介護教室などの開催、認知症高齢者見守り事業、家族介護継続支援事業(家族介護者のリフレッシュを目的とした交流会などの開催)を実施することで被保険者の家族を支援する。
その他の事業 ・成年後見制度利用支援事業(申立てに要する経費や成年後見人等の報酬の助成等)
・福祉用具・住宅改修支援事業(相談・情報提供、理由書作成にかかる経費の助成)
・認知症サポーター等養成事業(地域や職域において認知症の人や家族を支援する認知症サポーター等を養成)
・地域自立生活支援事業(住宅に関する相談、民生委員等による相談、地域のネットワーク形成、家庭内の事故等による通報への対応、高齢者の生きがいと健康づくり推進)
スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)
ワークブック 基本テキスト
以下のリンクから、本を購入できます。

中央法規
ケアマネジャー試験
ワークブック2018

www.amazon.co.jp

七訂
介護支援専門員
基本テキスト

item.rakuten.co.jp
※平成30年5月末に「八訂」が発行される予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る