短期入所生活介護の目的・内容

猫の写真

短期入所生活介護の目的・内容について、◯か×で答えなさい

Q1 短期入所生活介護の利用者は、要介護に認定された者で、慢性疾患などにより医学的管理や医療を必要とする者を想定している。
解答を見る >
A ×
 設問は、短期入所療養介護についての内容(短期入所療養介護の「基本方針」には、利用者が自立した日常生活を送れるよう、利用者の“療養生活の質の向上”と家族の身体的・精神的負担の軽減を図る、とある)。

 短期入所生活介護の「基本方針」には、利用者の“心身機能の維持”と家族の身体的・精神的負担の軽減を図る、とある。

Q2 短期入所生活介護は、同居する家族の疾病、冠婚葬祭、出張等の場合に利用されるものであり、単身で生活する高齢者は利用できない。
解答を見る >
A ×
 短期入所生活介護の目的には、同居家族の休養(レスパイトケア)があるが、単身で生活する高齢者も利用することは可能。
Q3 短期入所生活介護は、指定を受けた特別養護老人ホーム等に短期間入所して、入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話や機能訓練を行うサービスである。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q4 短期入所生活介護では、栄養並びに利用者の心身の状況及び嗜好を考慮した食事を、適切な時間に提供しなければならない。
解答を見る >
A ◯
 運営基準において「栄養、利用者の心身状況と嗜好を考慮した食事を、適切な時間に提供しなければならない」とされている。
 また「利用者が可能な限り離床して、食堂で食事を摂ることを支援する」ともされている。
Q5 短期入所生活介護では、利用者の心身の状況を踏まえて、日常生活に必要な援助を妥当適切に行わなければならない。
解答を見る >
A ◯
 運営基準において「利用者の要介護状態の軽減または悪化の防止に資するよう、認知症の状況等利用者の心身の状況を踏まえて、日常生活に必要な援助を妥当適切に行わなければならない」とされている。

ポイント解説

短期入所生活介護とは

 短期入所生活介護とは、居宅の要介護者に特別養護老人ホームなどに短期間入所してもらい、入浴、排せつ、食事等の介護、その他の日常生活上の世話、機能訓練を行うサービスです。

短期入所生活介護の目的

 短期入所生活介護は、要介護状態となった場合においても、可能な限り居宅において、有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話および機能訓練を行うことにより、利用者の心身機能の維持ならびに利用者の家族の身体的・精神的負担の軽減を図るものでなければなりません。

短期入所生活介護を利用できる理由

 短期入所生活介護を利用できる理由として、次のものがあります。

社会的理由……疾病、冠婚葬祭、看護、学校等の公的行事への参加など。

私的理由……休養、旅行など。

トップへ戻る