短期入所生活介護の基準

猫の写真

短期入所生活介護の基準について、◯か×で答えなさい

Q1 短期入所生活介護は、「単独型」、「併設型」、「空床利用型」の3つに区分されている。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q2 利用者20名未満の併設型の短期入所生活介護事業所の場合、介護職員は非常勤でもよい。
解答を見る >
A ◯
 介護職員は基本としては、1人以上は常勤。ただし、利用定員20人未満の併設型の場合は、非常勤でも可とされている。
Q3 短期入所生活介護事業所の機能訓練指導員は、理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士でなければならない。
解答を見る >
A ×
 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士以外でも可(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員、柔道整復師またはあん摩マッサージ指圧師の資格を有する者とされている)。
Q4 短期入所生活介護事業所の空床利用型及び併設型の利用定員は、20人以上と定められている。
解答を見る >
A ×
 短期入所生活介護の利用定員は、原則20人以上とされているが、併設型と空床利用型では20人未満でも可とされている。
Q5 介護支援専門員が緊急やむを得ないと認めた場合には、短期入所生活介護事業所の専用の居室以外の静養室も利用できる。
解答を見る >
A ◯
 原則としては、利用定員を超えてはならない(災害などのやむを得ない事情がある場合を除く)。
 ただし、介護支援専門員が緊急的に必要あると認めた場合は、静養室においてサービスを行うことができる。
Q6 すべての利用者について、短期入所生活介護計画を作成しなければならない。
解答を見る >
A ×
 短期入所生活介護計画は、すべての利用者ではなく、相当期間(おおむね4日)以上の入所が予定される利用者について、(既に居宅サービス計画が作成されている場合は、それに沿って)作成する。
Q7 短期入所生活介護計画は、居宅サービス計画を作成した介護支援専門員が作成しなければならない。
解答を見る >
A ×
 短期入所生活介護計画は、事業所の管理者が作成する。

 なお、介護の提供にかかる計画等の作成に関し経験のある者や、介護の提供について豊富な知識・経験を有する者にそのとりまとめを行わせるものとし、事業所に介護支援専門員がいる場合は、その者に当該計画のとりまとめを行わせることが望ましい。

Q8 居宅サービス計画に短期入所生活介護を位置づける場合は、原則として利用する日数が要介護認定有効期間のおおむね半数を超えないようにしなければならない。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
 ただし、機械的に適用するのではなく、必要と認められる場合には、この目安を超えて利用することも可能。 
Q9 利用者の負担により、当該指定短期入所生活介護事業所の職員以外の者による介護を受けさせることができる。
解答を見る >
A ×
 利用者の負担により、その短期入所生活介護事業所の従業者以外の者による介護を受けさせてはならない。

関連Q&A↓
「利用者の負担により、そこの従業者以外の者による介護等を受けさせてはならない」という規定には、どんな意義があるのですか?

サービスの総合的・一体的な提供に支障があるため

 この規定の意義は次のようなものです。  

(介護予防)小規模多機能型居宅介護と看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)

 これらのサービス内容は、居宅を訪問しての介護や看護、通所・宿泊する人への介護です。これには「1人の利用者に対して、訪問での介護や看護、通所・宿泊での介護を総合的・一体的に提供する」というコンセプトがあります。これと、たとえば訪問介護は内容が重なっているため、(介護予防)小規模多機能型居宅介護・看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)を利用している場合は、別に訪問介護を受ける必要はないということで、それは算定できない(利用できない)ことになっています。  にもかかわらず、利用者が「自分で費用を負担するから」と言って、別に訪問介護を利用してしまったら、前述のコンセプトに反してしまいます。そのため、こうした利用はできないということです。  

(介護予防)短期入所生活介護、(介護予防)短期入所療養介護、(介護予防)認知症対応型共同生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護医療院、介護療養型医療施設

 たとえば、短期入所生活介護を利用している間は、そこの従業者によって必要な介護が総合的・一体的に提供されます。そのため、短期入所生活介護の事業所に、たとえば他の訪問介護事業所から訪問介護員が来てサービスを提供する必要はないと言えます。  にもかかわらず、利用者が「自分で費用を負担するから」と言って、他の訪問介護事業所から訪問介護員が来ることを許してしまうと、短期入所生活介護での介護の総合的・一体的な提供に支障をきたしてしまいます。こうしたことから、利用者の負担による他のサービスの利用は禁止されています。  この考え方は、他のものも同様です。
Q10 短期入所生活介護では、利用者から理美容代の支払いを受けることはできない。
解答を見る >
A ×
 理美容代は、利用者から別途支払いを受けることができる。

ポイント解説

短期入所生活介護事業所の種類と定員

 短期入所生活介護事業所には、次の3つのタイプがあります。

単独型 老人短期入所施設など、単独でサービスを提供 定員20人以上
併設型 特別養護老人ホームなどの本体施設に併設してサービスを提供 定員20人未満でも可
空床利用型 特別養護老人ホームの空きベッド利用してサービスを提供

 原則としては、利用定員を超えてはなりません(災害などのやむを得ない事情がある場合を除く)。
 ただし、介護支援専門員が緊急的に必要あると認めた場合は、静養室においてサービスを行うことが可能です。

短期入所生活介護の人員基準

 これは、次のような職種が規定されています。

管理者 事業所ごとに専従で1人以上。併設型の場合は兼務可
医師 1人以上
生活相談員 利用者100人またはその端数を増すごとに1人以上。1人は常勤(利用20人未満の併設型の場合は非常勤可)
介護・看護職員 利用者3人につき1人の割合で配置(常勤換算で可)。1人は常勤(利用20人未満の併設型の場合は非常勤可)
栄養士 1人以上。ただし、利用者40人以下の事業所では、他施設の栄養士との連携があれば配置しなくても可
機能訓練指導員 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員、柔道整復師またはあん摩マッサージ指圧師の資格を有する者を1人以上。
ただし、利用者の日常生活やレクリエーション、行事等を通じて行う機能訓練については、当該事業所の生活相談員または介護職員が兼務可
調理員その他の従業者 事業所の実情に応じた適当数

短期入所生活介護の利用日数

 短期入所生活介護の利用は、連続30日までが保険給付の対象です。それを超えた場合、超えた分は全額が利用者負担になります。

 また、居宅サービス計画に短期入所生活介護および短期入所療養介護を位置付ける場合は、利用者の心身の状況等を勘案して特に必要と認められる場合を除き、それらの利用日数が要介護認定の有効期間のおおむね半数を超えないようにしなければなりません(これは、居宅介護支援事業者の基準で定められています)。
 ただし、機械的に適用するのではなく、必要と認められる場合には、この目安を超えて利用することも可能です。

 こうした利用日数の制限には、施設サービスと変わらない利用を防ぐ、他の利用者の利用に支障を来さないようにする、という意義があります。

利用者から別途支払いを受けることができる費用

 短期入所生活介護の運営基準において、定率の利用者負担とは別に、利用者から次の費用の支払いを受けることができると規定されています。

食費
滞在費
特別な居室や食事を提供したときの費用
送迎費(利用者の状態などに応じて送迎を実施し、送迎加算を算定する場合を除く。「通常の送迎の実施地域」以外の送迎については、その地域を超える部分の支払いを受けることができる)
理美容代
その他日常生活費

関連Q&A↓
居住費、滞在費、宿泊費は、どのように違うのですか?
 泊まる日数が短い場合は「宿泊」、ある程度長く泊まる場合は「滞在」と言います。そこに住む場合は「居住」になります。 看護小規模多機能型居宅介護と小規模多機能型居宅介護の宿泊サービス → 宿泊費  看護小規模多機能型居宅介護と小規模多機能型居宅介護の宿泊サービスは、泊まる日数が短いことを想定していて、その費用は「宿泊費」になります。  

短期入所生活介護と短期入所療養介護 → 滞在費

 短期入所生活介護と短期入所療養介護は、ある程度長く泊まることを想定していて、その費用は「滞在費」になります。  

施設サービスと地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護 → 居住費

 施設サービスと地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護は、利用者がそこに住んで利用するサービスなので、「居住費」になります。
トップへ戻る