通所介護の介護報酬

猫の写真

通所介護の介護報酬について、◯か×で答えなさい

Q1 通所介護の利用時間が9時間以上の場合は、5時間を限度として延長加算を算定できる。
解答を見る >
A ◯
 通所介護の基本的なサービス提供時間は「8時間以上9時間未満」まで設定されており、9時間以上の場合は、5時間を限度に延長加算を算定することができる。
Q2 通所介護において入浴介助を行った場合でも、加算はされない。
解答を見る >
A ×
  通所介護において、入浴介助を行った場合には、入浴介助加算を算定することができる。
Q3 通所介護の個別機能訓練加算は、理学療法士等を配置し、個別機能訓練計画に基づき支援し、記録と評価を行えば、定期的に居宅を訪問しなくても算定できる。
解答を見る >
A ×
 「理学療法士等を配置し、個別機能訓練計画に基づき支援し、記録と評価を行う」という内容は適切。
 しかし、「定期的に居宅を訪問しなくてもよい」という内容は誤り。個別機能訓練加算の算定要件には「3か月ごとに1回以上、利用者の居宅を訪問して、訓練内容の見直し等を行う」という内容がある。

個別機能訓練加算の要件
 理学療法士等(専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員、柔道整復師、あん摩マッサージ師、一定の実務経験を有するはり師またはきゅう師)を1人以上配置し、利用者の居宅を訪問したうえで、他の職種と共同して個別機能訓練計画を作成する。それに基づき、計画的に機能訓練を行い、その後3か月ごとに1回以上、利用者の居宅を訪問して、訓練内容の見直し等を行った場合に所定の単位数を加算する。

Q4 通所介護において若年性認知症の利用者を受け入れた場合は、認知症加算に加えて、若年性認知症利用者受入加算を算定できる。
解答を見る >
A ×
 若年性認知症利用者受入加算は、認知症加算を算定した場合には算定できない。
Q5 通所介護において低栄養状態にある利用者に対して管理栄養士を中心に栄養改善サービスを提供した場合は、月に2回を限度として栄養改善加算を算定できる。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q6 通所介護における口腔機能向上加算は、 言語聴覚士等を1名以上配置し、介護職員等と共同して作成した口腔機能改善管理指導計画に基づき支援を行い、 定期的に記録と評価を行う場合に算定する。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q7 通所介護事業所と同一の建物内に居住する利用者がサービスを利用する場合であっても、通所介護費を減算されることはない。
解答を見る >
A ×
 通所介護事業所と同一の建物内に居住する利用者の場合は、(送迎をする必要がないので)減算となる。
 ただし、一時的に送迎が必要な利用者、その他やむを得ず送迎が必要な利用者に送迎を行う場合は、減算されない。
Q8 通所介護の利用者が送迎を利用しない場合でも、所定単位数は減算しない。
解答を見る >
A ×
 通所介護では、基本として送迎を行う(送迎の費用は、基本の介護報酬に含まれている)。もし、利用者が自分で通ったり、利用者の家族が送迎したりして、事業者が送迎を行わない場合は、片道につき、減算となる。
トップへ戻る