認知症老人徘徊感知機器の「外部との通信機能を除いた部分」とは、どういうことですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の写真
(2020ユーキャン速習レッスンP376、八訂基本テキスト2巻P181)

A 認知症老人徘徊感知機器の「外部との通信機能を除いた部分」とは

 認知症老人徘徊感知機器の基本的な機能は、玄関などに設置したセンサーで認知症高齢者が一人で外出するのを感知すると、家の中に設置した本体のスピーカーからアラームが鳴る、といったものです。
 ここに、オプション機能を追加できるものがあります。このオプション機能は、センサーが感知すると、それを知らせるメールを携帯電話などに送信する、といったものです。
 このオプション機能のために、通信機器を追加して、それと本体をケーブル等でつなぐものがあります。これが「福祉用具貸与の種目にあたる部分と通信機器にあたる部分が区別できる場合」です。
 この場合の本体とセンサーが、「認知症老人徘徊感知機器の『外部との通信機能を除いた部分』」になります。これは福祉用具貸与の対象です。
 そして、追加した通信機器は給付対象外になります。

トップへ戻る