第24回 問題37【令和3年度 ケアマネ試験 保健医療サービス分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題37 在宅医療管理について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.在宅中心静脈栄養法は、点滴栄養剤を中心静脈に直接入れる方法である。
2.在宅自己注射は、家族以外の訪問介護員も行うことができる。
3.経鼻胃管は、定期的に交換する必要はない。
4.悪性腫瘍疼痛管理では、身体的側面だけでなく、精神的側面からも考えることが重要である。
5.人工呼吸療法には、侵襲的、非侵襲的に行うものの2種類がある。

猫の写真

解答

1、4、5

解説

1.在宅中心静脈栄養法は、点滴栄養剤を中心静脈に直接入れる方法である。
→◯

 在宅中心静脈栄養法は、十分な量の食事を口から摂ることができなくなった人、腸からの栄養吸収ができなくなった人に対して、中心静脈から高カロリー輸液を投与するものです(2022ユーキャン速習レッスンP272、九訂基本テキスト下巻P51)。そのため、解答は◯になります。

2.在宅自己注射は、家族以外の訪問介護員も行うことができる。
→×

 医師の指示に従い、清潔操作などについて十分な指導を受けたうえで、患者本人またはその家族が在宅自己注射を行います(2022ユーキャン速習レッスンP270、八訂基本テキスト3巻P46)。訪問介護員が行うことはできません。そのため、解答は×になります。

3.経鼻胃管は、定期的に交換する必要はない。
→×

 経鼻胃管は、1か月ごとを目安に交換する必要があります(2022ユーキャン速習レッスンP273、九訂基本テキスト下巻P54)。そのため、解答は×になります。

4.悪性腫瘍疼痛管理では、身体的側面だけでなく、精神的側面からも考えることが重要である。
→◯

 設問のとおりです(2022ユーキャン速習レッスンP270、九訂基本テキスト下巻P47)。

5.人工呼吸療法には、侵襲的、非侵襲的に行うものの2種類がある。
→◯

 設問のとおりです(2022ユーキャン速習レッスンP275、九訂基本テキスト下巻P56)。

人工呼吸療法の方法
非侵襲的陽圧換気法(NPPV) 専用のマスクを使用して行う方法。

※「非侵襲的」は「生体を傷つけないような」という意味。NPPV:non-invasive positive pressure ventilation
侵襲的陽圧換気法(IPPV) 気管切開などによって行う方法。

※IPPV:invasive positive pressure ventilation。特に、気管切開によって行う方法を「TPPV:tracheostomy positive pressure ventilation」という。
トップへ戻る