第24回 問題40【令和3年度 ケアマネ試験 保健医療サービス分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題40 高齢者の臨死期のケアについて、より適切なものはどれか。3つ選べ。
1.つじつまの合わないことを言う場合も、それを否定せずに対応する。
2.反応がないように見えても、いつもどおりの声かけをする。
3.息苦しさが楽になるように、常にベッドを平らにする。
4.口腔内の保湿や清潔を保つ。
5.急変時の対応は、そのときに考えればよい。

猫の写真

解答

1、2、4

解説

1.つじつまの合わないことを言う場合も、それを否定せずに対応する。
→◯

 設問のような場合も否定せずに、安心できるような会話で対応するようにします(2022ユーキャン速習レッスンP291、九訂基本テキスト下巻P330)。

2.反応がないように見えても、いつもどおりの声かけをする。
→◯

 聴覚は最期まで保たれると言われているため、いつもどおりの声かけをして安心感を与えるようにします(2022ユーキャン速習レッスンP291、九訂基本テキスト下巻P330)。

3.息苦しさが楽になるように、常にベッドを平らにする。
→×

 ベッドの角度を調整し、頭を少し高くすると横隔膜が下がり、肺が広がりやすくなって呼吸が楽になることが多くあります(2022ユーキャン速習レッスンP291、九訂基本テキスト下巻P330)。

4.口腔内の保湿や清潔を保つ。
→◯

 臨死期には唇や口腔内が乾燥するため、うがいや、口腔内用ウェットティッシュで拭くなどして、保湿と清潔を保つようにします(2022ユーキャン速習レッスンP291、九訂基本テキスト下巻P331)。

5.急変時の対応は、そのときに考えればよい。
→×

 急変時にも適切に対応できるよう、あらかじめ在宅療養支援診療所や24時間体制の訪問看護事業所などと連携しておきます(2022ユーキャン速習レッスンP289、九訂基本テキスト下巻P315~)。

トップへ戻る