第24回 問題52【令和3年度 ケアマネ試験 福祉サービス分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題52 介護保険における訪問入浴介護について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.訪問入浴介護費は、サービス提供時間によって2つに区分されている。
2.訪問入浴介護事業者は、利用者の選定により提供される特別な浴槽水等に係る費用を、通常の利用料以外の料金として受け取ることができる。
3.利用者の肌に直接触れるタオル等は、個人専用のものを使うなど安全清潔なものを使用する。
4.利用者の身体の状況等に支障を生ずるおそれがない場合には、主治の医師の意見を確認した上で、看護職員に代えて介護職員のみで実施することができる。
5.利用者の心身の状況から全身入浴が困難であって、利用者の希望により清拭のみを実施した場合には、全身入浴と同じ単位数を算定することができる。

猫の写真

解答

2、3、4

解説

1.訪問入浴介護費は、サービス提供時間によって2つに区分されている。
→×

 訪問入浴介護費は、サービス提供時間にかかわらず、「1回につき」で設定されています(2022ユーキャン速習レッスンP362)。そのため、解答は×になります。

2.訪問入浴介護事業者は、利用者の選定により提供される特別な浴槽水等に係る費用を、通常の利用料以外の料金として受け取ることができる。
→◯

 設問のとおりです(2022ユーキャン速習レッスンP361、九訂基本テキスト上巻P452)。

3.利用者の肌に直接触れるタオル等は、個人専用のものを使うなど安全清潔なものを使用する。
→◯

 サービス提供に用いる設備、器具その他の用品の使用に際して安全と清潔の保持に留意し、特に利用者の身体に接触する設備や器具その他の用品については、サービス提供ごとに消毒したものを使用することとされています(2022ユーキャン速習レッスンP362、九訂基本テキスト上巻P452)。そのため、解答は◯になります。

4.利用者の身体の状況等に支障を生ずるおそれがない場合には、主治の医師の意見を確認した上で、看護職員に代えて介護職員のみで実施することができる。
→◯

 設問のとおりです(2022ユーキャン速習レッスンP362、九訂基本テキスト上巻P452)。

 なお、この場合は介護報酬が減算となります(看護職員がいない分、サービスの質が低下すると言えるため)。

5.利用者の心身の状況から全身入浴が困難であって、利用者の希望により清拭のみを実施した場合には、全身入浴と同じ単位数を算定することができる。
→×

 清拭や部分浴に変更した場合は、介護報酬が減算となります(2022ユーキャン速習レッスンP362、九訂基本テキスト上巻P447)。そのため、解答は×になります。

トップへ戻る