第24回 問題59【令和3年度 ケアマネ試験 福祉サービス分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題59 生活困窮者自立支援法について適切なものはどれか。3つ選べ。
1.生活困窮者自立相談支援事業は、親に扶養されている成人の子も支援の対象としている。
2.生活困窮者自立相談支援事業の自立相談支援機関には、弁護士の配置が義務付けられている。
3.都道府県、市及び福祉事務所を設置する町村は、生活困窮者自立相談支援事業を行うものとされている。
4.生活困窮者自立相談支援事業は、社会福祉法人等に委託することはできない。
5.生活困窮者一時生活支援事業は、任意事業である。

猫の写真

解答

1、3、5

解説

作成中

トップへ戻る