「指定居宅サービス」と「居宅サービス」について、「指定」が付くと何か違うのですか?

猫の写真
(2018中央法規ワークブックP55、七訂基本テキスト1巻P96・P97)

スポンサーリンク
レクタングル (大)

A 「指定」の意味とは

「指定」は、特に都道府県知事の指定を受けたという意味

 介護保険法の条文では「指定居宅サービス」となっています。これは、特に都道府県知事の指定を受けたという意味になります。

一般的には「指定」がなくて通じるので、なくてもほぼ同じ

 ただし、一般的には「居宅サービス」というだけで通じます。ですので、「指定」を付けた場合と付けない場合で、示す内容が異なるということはありません。指定を受けたことが強調されているかどうかの違い、ということです。

 このことは、指定居宅介護支援と居宅介護支援、指定地域密着型サービスと地域密着型サービスなど、他においても同様です。

スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)
ワークブック 基本テキスト
以下のリンクから、本を購入できます。

中央法規
ケアマネジャー試験
ワークブック2018

www.amazon.co.jp

七訂
介護支援専門員
基本テキスト

item.rakuten.co.jp
※平成30年5月末に「八訂」が発行される予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る