介護保険制度創設のねらい

猫の写真

介護保険制度創設のねらいについて、◯か×で答えなさい

Q1 社会保険方式を採用しているので、保険料払込期間に比例して保険給付が行われることとされている。
解答を見る >
A ×
 介護保険は社会保険方式を採用してはいるが、保険給付は保険料払込期間とは比例はしない。保険料払込期間に関係なく、必要であれば保険給付される。
Q2 介護保険は、私保険と同様に個人別に収支均衡を図っているため、多くの給付を受ける人ほど保険料が高くなる。
解答を見る >
A ×
 介護保険は社会保険方式であり、個別の収支均衡は図っていない。そのため、多くの給付を受けた場合でも、保険料が高くなることはない。
Q3 社会保険方式である介護保険制度は、公費方式に比べ、公益(給付)と負担(保険料)の対応関係が明確であり、サービスの充実に伴う負担の増加について、国民の理解を得やすいという利点がある。
解答を見る >
A ◯
 介護保険では、保険料を主な財源とする社会保険方式を採用しているため、保険給付と被保険者の負担(保険料)の対応関係が明確であり、負担が増加した場合も国民の理解を得やすいと言える。
Q4 高齢化がさらに進むと予測される中で、介護に要する費用を安定的に確保することを目的としている。
解答を見る >
A ◯
 介護保険制度は、保険料を主な財源とする社会保険方式を採用することで、財源の安定的な確保を目指している。
Q5 サービスの利用は、利用者の選択を受けて、市町村が事業者や施設と契約を結ぶ仕組みである。
解答を見る >
A ×
 介護保険では、利用者が自らサービスを選択し、利用者が事業者・施設と契約を結んでサービスを利用する。

ポイント解説

 介護保険制度創設の主なねらいは、次のようなものです。

① 利用者本位の制度
 高齢者の自立支援・生活の質の確保という観点から、サービスを利用者が自分で選択し、利用者が多様な事業者・施設と契約を結んで、総合的・一体的・効率的にサービスを利用する。

② 社会保険方式の導入
 保険料は保険給付など介護サービス等の費用のみに使用されるため、保険料負担と給付の対応関係が明確。サービスを利用した際の利用者負担は、原則として、利用したサービスの量(利益)に応じた応益負担であるため、利用者間での不均衡が是正される。また、保険料を主な財源とする社会保険方式を採用して、財源の安定的な確保を目指している。

関連Q&A↓
「応能負担」と「応益負担」は、どのように違うのですか?

「応能負担」は、負担能力応じて費用を負担する

 その人の負担能力(収入が多いか少ないか)に応じて、費用を負担する方式です。  老人福祉制度の利用者負担は、応能負担です。たとえば、10万円分のサービスを受けた場合の利用者負担の金額は、収入の多いAさんは1万円で、収入の少ないBさんは4,000円、というようになります。  

「応益負担」は、受けた利益に応じて費用を負担する

 受けたサービスの量(受けた利益)に応じて、費用を負担する方式です。  介護保険制度の利用者負担は、応益負担です。たとえば、利用者負担割合が1割の人の場合、利用者負担の金額は、5万円分のサービスを利用したら5,000円で、10万円分のサービスを利用したら1万円になります。
トップへ戻る