特定疾病【一問一答 ケアマネ試験対策】

猫の写真

特定疾病について、◯か×で答えなさい

Q1 特定疾病は、第1号被保険者についての保険給付の要件となる疾病である。
解答を見る >
A ×
 特定疾病が保険給付の要件となるのは、第2号被保険者。
Q2 特定疾病とは、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病である。
解答を見る >
A ◯
 高齢者(65歳以上)に多く発生し、継続して介護が必要となる疾病のうち、40歳以上65歳未満でも発生が認められる、心身の病的な加齢現象と医学的関係がある疾患が「特定疾病」とされている。
Q3 特定疾病の対象範囲は各都道府県が定める。
解答を見る >
A ×
 特定疾病の範囲は、国が政令で定める。
Q4 特定疾病には、脳血管疾患が含まれる。
解答を見る >
A ◯
 脳血管疾患は、特定疾病に含まれる。
Q5 特定疾病には、進行性筋ジストロフィー症が含まれている。
解答を見る >
A ×
 進行性筋ジストロフィー症は、特定疾病に含まれない。
Q6 特定疾病には、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症が含まれている。
解答を見る >
A ◯
 糖尿病性腎症と糖尿病性網膜症、そして糖尿病性神経障害も、特定疾病に含まれる。
Q7 特定疾病には、肝硬変症が含まれている。
解答を見る >
A ×
 肝硬変症は、特定疾病に含まれない。
Q8 特定疾病には、脊髄小脳変性症が含まれている。
解答を見る >
A ◯
 脊髄小脳変性症は、特定疾病に含まれる。
Q9 特定疾病には、慢性閉塞性肺疾患が含まれている。
解答を見る >
A ◯
 慢性閉塞性肺疾患は、特定疾病に含まれる。
Q10 特定疾病には、シャイ・ドレーガー症候群が含まれている。
解答を見る >
A ◯
 シャイ・ドレーガー症候群は、特定疾病に含まれる。


ポイント解説

特定疾病とは

 特定疾病とは、高齢者(65歳以上)に多く発生し、継続して介護が必要となる疾病のうち、40歳以上65歳未満でも発生が認められる、心身の病的な加齢現象と医学的関係がある疾患です。

第2号被保険者は介護が必要になった原因が特定疾病の場合に、保険給付される

 介護保険の基本的な目的は、加齢によって心身機能の低下した高齢者(65歳以上、第1号被保険者)に対して介護サービスを給付する、というものです。

 ただし、40歳以上65歳未満の人(第2号被保険者)でも、心身の病的な加齢現象と医学的関係がある特定疾患によって介護が必要になった場合は、介護保険の基本的な目的に反しないので、介護保険から介護サービスが保険給付されます。

特定疾病の範囲

がん(がん末期)
関節リウマチ
筋萎縮性側索硬化症きん いしゅくせい そくさく こうかしょう
後縦靱帯骨化症こうじゅう じんたい こつかしょう
骨折を伴う骨粗鬆症こつ そしょう しょう
初老期における認知症
パーキンソン病関連疾患(進行性核上性麻痺しんこうせい かくじょう まひ大脳皮質基底核変性症だいのうひしつ きていかく へんせいしょう、パーキンソン病)
脊髄小脳変性症せきずい しょうのう へんせいしょう
脊柱管狭窄症せきちゅうかん きょうさくしょう
早老症そうろうしょう
多系統萎縮症(シャイ・ドレーガー症候群、オリーブ橋小脳萎縮症きょう しょうのう いしゅくしょう線条体黒質変性症せんじょうたい こくしつ へんせいしょう
糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症とうにょうびょうせい じんしょう、糖尿病性網膜症
脳血管疾患(脳出血、脳梗塞など)
閉塞性動脈硬化症
慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫はいきしゅ気管支喘息きかんし ぜんそく、びまん性汎細気管支炎せい はんさい きかんしえん
両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
トップへ戻る