介護報酬の審査・支払い【一問一答 ケアマネ試験対策】

猫の写真

介護報酬の審査・支払いについて、◯か×で答えなさい

Q1 厚生労働大臣は、介護報酬の算定基準の設定について、介護給付費審査委員会の意見を聴かなければならない。
解答を見る >
A ×
 介護報酬の算定基準の設定について厚生労働大臣が意見を聴くのは、社会保障審議会。
Q2 国民健康保険団体連合会は都道府県知事から委託を受けて、介護報酬の審査・支払業務を行っている。
解答を見る >
A ×
 介護報酬の審査・支払いに関する事務を国保連に委託するのは、市町村。
Q3 介護報酬は、提供した介護保険サービスの内容に応じて単位数を算定し、それに1単位の単価を乗じて金額に換算する。
解答を見る >
A ◯
 サービス内容に応じて単位数が設定されており、それに1単位の単価を掛けることで(「単位数×1単位の単価」で)、金額が算出される。
Q4 全国一律に、1 単位の単価は10 円である。
解答を見る >
A ×
 1 単位の単価は、サービス種類や地域によって異なるものが設定され、地域差(人件費などの地域差)が反映されている。ただし、(介護予防)居宅療養管理指導と(介護予防)福祉用具貸与には地域差はなく、全国一律で10円。
Q5 介護報酬の請求は、サービス提供月ごとに翌月10 日までに行い、その翌月(サービス提供月の翌々月)末に支払いを受ける。
解答を見る >
A ◯
 事業者・施設は、サービス提供月の翌月10日までに国保連に請求し、請求の翌月(サービス提供月の翌々月)末に、国保連から支払われる。
Q6 地域密着型サービスの介護報酬は、全国一律である。
解答を見る >
A ×
 地域密着型サービスの介護報酬は、厚生労働大臣が定める基準により算定した額を限度として、市町村が独自に設定することも可能。
Q7 生活保護法による介護扶助については、生活保護法による公費負担となるので、事業者・施設は、すべて福祉事務所長に直接請求する。
解答を見る >
A ×
 生活保護の介護扶助についても、介護報酬と同じ様式の請求書・明細書を用いて、国保連に請求する。
トップへ戻る