訪問入浴介護の基準【一問一答 ケアマネ試験対策】

猫の写真

訪問入浴介護の基準について、◯か×で答えなさい

Q1 訪問入浴介護では、利用者の自宅の浴槽を利用して、入浴サービスを提供することができる。
解答を見る >
A ×
 訪問入浴介護は、利用者の居宅に浴槽を持ち込んで提供する。
Q2 訪問入浴介護のサービス提供の責任者は、入浴介護に関する知識や技術を有する者でなくてもよい。
解答を見る >
A ×
 サービスの提供の責任者は、入浴介護に関する知識や技術を有した者とされている。
Q3 訪問入浴介護の提供にあたっては、入浴による利用者の状態の変化に対応するため、常に看護職員を伴う必要がある。
解答を見る >
A ×
 訪問入浴介護は、1回のサービスを原則として看護職員1人と介護職員2人で提供する。ただし、利用者の状態が安定していて、主治医が認めた場合には、看護職員はなしで、介護職員3人でサービスを提供することができる。
 なお、介護職員3人の場合、所定単位数の95%に減算となる(看護職員がいない分、サービスの質が低下すると言えるため)。
Q4 訪問入浴介護で使用する浴槽や器具は、1日に1回、その日の業務が終了したときに清掃する。
解答を見る >
A ×
 サービス提供に用いる設備、器具その他の用品の使用に際して安全と清潔の保持に留意し、特に利用者の身体に接触する設備や器具その他の用品については、サービス提供ごとに消毒したものを使用することとされている。
Q5 緊急時の対応のため、訪問入浴介護事業所の協力医療機関は、事業の通常の実施地域内にあることが望ましい。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q6 訪問入浴介護事業所の専用の事務室には、利用申込の受付や相談に対応するためのスペースは必要としない。
解答を見る >
A ×
 専用の事務室または区画については、利用申込の受付、相談等に対応するのに適切なスペースを確保する必要がある。


ポイント解説

サービスを提供する職員

 訪問入浴介護は、1回のサービスを原則として看護職員1人と介護職員2人で提供します。このうち1人をサービス提供の責任者とします。

 ただし、利用者の状態が安定していて主治医が認めた場合には、看護職員に代えて、介護職員を充てることができます。つまり、看護職員はなしで、介護職員3人でサービスを提供することが可能ということです。

 なお、介護職員3人の場合、所定単位数の95%に減算になります(看護職員がいない分、サービスの質が低下すると言えるため)。

サービス提供に用いる設備や器具など

 サービス提供に用いる設備、器具その他の用品の使用に際して安全と清潔の保持に留意し、特に利用者の身体に接触する設備や器具その他の用品については、サービス提供ごとに消毒したものを使用することとされている。

専用の区画

 事業所には、事業の運営を行うために必要な広さを有する専用の区画を設けるほか、サービス提供に必要な浴槽等の設備および備品等を備えなければなりません。また、事業の運営を行うために必要な面積を有する専用の事務室を設けることが望ましいとされています。

 専用の事務室または区画については、利用申込の受付、相談等に対応するのに適切なスペースを確保する必要があります。

トップへ戻る