福祉用具貸与の介護報酬

猫の写真

福祉用具貸与の介護報酬について、◯か×で答えなさい

Q1 複数の福祉用具を貸与する場合、通常の貸与価格から減額して貸与できる。
解答を見る >
A ◯
 1人の利用者に複数の福祉用具を貸与する場合、あらかじめ都道府県に届け出ることにより、通常の価格から減額して貸与することができる。
Q2 認知症対応型共同生活介護の利用者には、福祉用具貸与費を算定することができる。
解答を見る >
A ×
 認知症対応型共同生活介護の利用者には、福祉用具貸与費は算定できない。必要な福祉用具は事業者が用意する。言い換えると、認知症対応型共同生活介護のサービスの内容には必要な福祉用具の提供も含まれている、ということ。
Q3 特定施設入居者生活介護を受けている場合は、福祉用具貸与費は算定しない。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
 この場合、必要な福祉用具は特定施設が用意する。言い換えると、特定施設入居者生活介護のサービスの内容には必要な福祉用具の提供も含まれている、ということ。
Q4 車いすの利用については、要介護状態区分に応じた制限がある。
解答を見る >
A ◯
 車いすは、要支援1・2、要介護1の状態像からして使用が想定しにくいため、原則として給付されない(例外あり)。
Q5 歩行器の利用については、要介護状態区分に応じた制限がある。
解答を見る >
A ×
 歩行器には、設問のような制限はない。

ポイント解説

(介護予防)福祉用具貸与の種目と給付制限

種目 1.車いす 2.車いす付属品 3.特殊寝台 4.特殊寝台付属品 5.床ずれ防止用具 6.体位変換器 7.手すり 8.スロープ 9.歩行器 10.歩行補助杖 11.認知症老人徘徊感知機器、12.移動用リフト、13.自動排尿処理装置
要支援1・2、要介護1に対する給付制限 次の種目は、要支援1・2、要介護1の状態像からして使用が想定しにくいため、原則として給付されない(※)。
1.車いす 2.車いす付属品 3.特殊寝台 4.特殊寝台付属品 5.床ずれ防止用具 6.体位変換器 11.認知症老人徘徊感知機器、12.移動用リフト
要支援1・2、要介護1~3に対する給付制限 次の種目は、要支援1・2、要介護1~3の状態像からして使用が想定しにくいため、原則として給付されない(※)。
13.自動排尿処理装置
※ただし、医師の医学的所見と、サービス担当者会議などを通じた適切なケアマネジメントにより必要と判断とされて、それを市町村が確認した場合には給付される。
トップへ戻る