福祉用具貸与・特定福祉用具販売の内容

猫の写真

福祉用具貸与・特定福祉用具販売の内容について、◯か×で答えなさい

Q1 介護用電動車椅子は、福祉用具貸与の対象となる。
解答を見る >
A ◯
 福祉用具貸与の対象種目「車いす」には、介護用電動車いすが含まれる。
Q2 利用者の身体を滑らせるスライディングボードは、福祉用具貸与の対象となる。
解答を見る >
A ◯
 スライディングボードは、特殊寝台付属品として、福祉用具貸与の対象になる。
Q3 ウォーターマットレス等の床ずれ防止用具は、特定福祉用具販売の対象となる。
解答を見る >
A ×
 床ずれ防止用具(エアマット、ウォーターマットレスなど)は、特定福祉用具販売ではなく、福祉用具貸与の対象。
Q4 取付工事の有無にかかわらず、手すりは福祉用具貸与の対象となる。
解答を見る >
A ×
 福祉用具貸与の対象となる手すりは、取付工事が不要なものとされている。

 なお、取付工事が必要な手すりは、住宅改修の対象になる。

Q5 祉用具貸与の対象となるスロープは、持ち運びできないものでもよい。
解答を見る >
A ×
 福祉用具貸与の対象となるスロープは、設置に工事が不要で、持ち運びが容易なものとされている。

 なお、設置に工事を伴うスロープは、段差の解消として、住宅改修の対象になる。

Q6 認知症老人徘徊感知機器は、外部との通信機能を除いた部分については、給付対象となる。
解答を見る >
A ◯
 外部との通信機能がある認知症老人徘徊感知機器は、福祉用具の種目に相当する部分と通信機能の部分を区分できる場合には、福祉用具の種目に相当する部分に限って保険給付の対象となる。
Q7 移動用リフトのつり具部分は、福祉用具貸与の対象となる。
解答を見る >
A ×
 移動用リフトのつり具部分は、特定福祉用具販売の対象。

 なお、移動用リフト本体は、福祉用具貸与の対象となる。

Q8 自動排泄処理装置の専用パッドや洗浄液は、特定福祉用具販売の対象となる。
解答を見る >
A ×
 自動排泄処理装置は福祉用具貸与の対象で、交換可能部品(レシーバー、チューブ、タンクなど)のうち尿や便の経路となるもので要介護者または介護する者が容易に交換できるものは特定福祉用具販売の対象。
 しかし、専用パッドや洗浄液など排泄のたびに消費するもの、専用パンツや専用シーツなどの関連製品は給付対象ではなく、全額が利用者負担となる。
Q9 水洗ポータブルトイレの設置に要する費用は、給付対象となる。
解答を見る >
A ×
 水洗ポータブルトイレは、腰掛便座として特定福祉用具販売の対象となる。
 ただし、その設置に要する費用は保険給付の対象とはならず、全額が利用者負担となる。
Q10 入浴補助用具は、特定福祉用具販売の対象となる。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。

ポイント解説

福祉用具貸与の内容

①車いす 自走用車いす、介助用車いす、電動車いす。ティルト機能、リクライニング機能がついているものもの対象
②車いす付属品 クッションまたはパッド、テーブル、ブレーキ、電動補助装置など
③特殊寝台 電動で背部や足部の傾斜角度、高さ調整ができるベッド
④特殊寝台付属品 特殊寝台と一緒に提供されるマットレス、サイドレール、テーブル、スライディングシート・スライディングボード(利用者の身体を滑らせるもの)、介助用ベルト(起き上がり、立ち上がり、移乗の際に用いる)
⑤床ずれ防止用具 送風装置を備えたエアマット、ウォーターマットレス、ゲル・シリコンなどの素材を使用したマットレス
⑥体位変換器 身体の下に挿入して、体位の変換を容易にするもの

※体位保持のみを目的とするもの(枕、クッションなど)は対象外。

⑦手すり 据え置き型、突っ張らせて固定するものなど

※取付工事を伴うものは、住宅改修の対象。

⑧スロープ 持ち運びが容易なもの

※取付工事を伴うものは、住宅改修の対象。

⑨歩行器 車輪のないタイプ、脚部に車輪のあるタイプ。歩行器は、杖よりも支持性・安定性がある
⑩歩行補助つえ 多点杖、松葉杖、ロフストランド・クラッチなど

※T字杖は、価格が安いので対象外。

⑪認知症老人徘徊感知機器 認知症高齢者が外出するのをセンサーで感知すると、家の中に設置した本体のスピーカーからアラームが鳴る、といったもの

※福祉用具貸与の種目にあたる部分と通信機器にあたる部分が区別できる場合は、本体とセンサーは福祉用具貸与の種目として保険給付されるが、追加した通信機器は給付対象外。

⑫移動用リフト(つり具の部分を除く) 床走行式リフト、固定式リフト、据置式リフト、可搬式の階段昇降機、段差解消機(たとえば玄関や掃出し窓などで使用するもの)

※つり具の部分は、特定福祉用具販売の対象。

⑬自動排尿処理装置 尿や便を自動的に吸引する装置

※交換可能部品(レシーバー、チューブ、タンクなど)のうち尿や便の経路となるもので利用者や解除者が容易に交換できるものは特定福祉用具販売の対象。
 専用パッドや洗浄液など排泄のたびに消費するもの、専用パンツや専用シーツなどの関連製品は給付対象ではなく、全額が利用者負担。

特定福祉用具販売の内容

①腰掛便座 ポータブルトイレ(水栓機能がついているものもの対象)、補高便座(便器の上に置いて高さを補う。電動の昇降機能がついているものもの対象)

※水洗ポータブルトイレの設置に要する費用は保険給付の対象とはならず、全額が利用者負担。

②自動排尿処理装置の交換可能部品 交換可能部品(レシーバー、チューブ、タンクなど)のうち尿や便の経路となるもので利用者や解除者が容易に交換できるもの

※専用パッドや洗浄液など排泄のたびに消費するもの、専用パンツや専用シーツなどの関連製品は給付対象ではなく、全額が利用者負担。

③入浴補助用具 ・入浴用いす
・浴槽用手すり(浴槽の縁を挟んで固定する)
・浴槽内いす
・入浴台(浴槽の縁に掛けて出入りの際に座る)
・浴室内すのこ(脱衣所と浴室の段差を調整する)
・浴槽内すのこ(浴槽の中に敷いて出入りを容易にする)
・入浴用介助ベルト(利用者の身体に巻きつけて、介助者が握って支える)
④簡易浴槽 未使用時に立てかけられるなど容易に収納でき、取水や排水のための工事を伴わないもの
⑤移動用リフトのつり具の部分 身体を包んで保持するシート状のものや、入浴用車いすのいす部分を取り外して吊り具となるもの

※移動用リフト本体は、福祉用具貸与の対象。

トップへ戻る