夜間対応型訪問介護の基準

猫の写真

夜間対応型訪問介護の基準について、◯か×で答えなさい

Q1 夜間対応型訪問介護のオペレーターは、看護師・准看護師又は介護福祉士でなければならない。
解答を見る >
A ×
 オペレーターは、看護師、介護福祉士、医師、保健師、准看護師、社会福祉士または介護支援専門員がなることができる。
Q2 オペレーターは、夜間対応型訪問介護事業所に常駐している必要がある。
解答を見る >
A ×
 オペレーターは、提供時間帯を通じて1人以上配置することとされているが、事業所に常駐している必要はない(オペレーターが出先で通報に対応することも可能)。
Q3 夜間対応型訪問介護におけるオペレーションセンターは、事業の実施地域内に必ず1か所以上設置しなければならない。
解答を見る >
A ×
 オペレーションセンターは、通常の事業の実施地域内に1か所以上設置しなければならない。
 ただし、定期巡回サービスを行う訪問介護員等が利用者からの通報を受け、適切にオペレーションセンターサービスを行うことが可能な場合は、オペレーションセンターを設置しないことができる。
Q4 利用者が既に訪問介護を受けている場合には、定期巡回サービスの提供にあたって、夜間対応型訪問介護計画は作成しなくてよい。
解答を見る >
A ×
 既に他のサービスを受けているどうかにかかわらず、オペレーションセンター従業者(オペレーションセンターを設置していない場合は訪問介護員等)は、(既に居宅サービス計画が作成されている場合は、その内容に沿って)夜間対応型訪問介護計画を作成しなければならない。
Q5 夜間対応型訪問介護事業者は、オペレーションセンターに通報できる端末機器を利用者に配布しなければならない。
解答を見る >
A ◯
 利用者が援助を必要とする状態となったときに適切にオペレーションセンターに通報できるよう、利用者に対し、端末機器を配布しなければならない(ただし、利用者が適切にオペレーションセンターに随時の通報を行うことができる場合は、この限りでない。利用者所有の家庭用電話や携帯電話でも可)。
Q6 夜間対応型訪問介護事業者は、利用者へ配布するケアコール端末に係る設置料、リース料、保守料の費用を利用者から徴収することはできない。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり(ケアコール端末に係る諸費用は、サービス費用に含まれる)。
Q7 夜間対応型訪問介護事業所は、利用者の心身の状況等の情報を蓄積し、オペレーターが常時閲覧できるようにしなければならない。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。

ポイント解説

夜間対応型訪問介護の人員基準

オペレーションセンター従業者
オペレーター(看護師、介護福祉士、医師、保健師、准看護師、社会福祉士または介護支援専門員) 提供時間帯を通じて1人以上。
面接相談員 オペレーターと同資格、または同等の知識経験を有する者を、1人以上確保。

訪問介護員等
 定期巡回サービスを行う訪問介護員等を必要数以上、随時訪問サービスを行う訪問介護員等を提供時間帯を通じて専従で1人以上確保。

管理者
 常勤専従。支障がなければ兼務可。

夜間対応型訪問介護の設備基準

利用者の心身の状況等の情報を蓄積することができる機器等(ただし、適切に利用者の心身の状況等の情報を蓄積するための体制を確保している場合であって、オペレーターがその情報を常時閲覧できるときは、備えないことができる)。

随時適切に利用者からの通報を受けることができる通信機器等。必要に応じてオペレーターに当該機器等を携帯させなければならない。

利用者が援助を必要とする状態となったときに適切にオペレーションセンターに通報できるよう、利用者に対し、通信のための端末機器を配布しなければならない(ただし、利用者が適切にオペレーションセンターに随時の通報を行うことができる場合は、この限りでない。利用者所有の家庭用電話や携帯電話でも可)。

オペレーションセンター

 オペレーションセンターは、通常の事業の実施地域内に1か所以上設置しなければならない。
 ただし、定期巡回サービスを行う訪問介護員等が利用者からの通報を受け、適切にオペレーションセンターサービスを行うことが可能な場合は、オペレーションセンターを設置しないことができる。

トップへ戻る