夜間対応型訪問介護の内容【一問一答 ケアマネ試験対策】

猫の写真

夜間対応型訪問介護の内容について、◯か×で答えなさい

Q1 夜間対応型訪問介護では、定期巡回サービス、オペレーションセンターサービス及び随時訪問サービスが一括して提供される。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q2 夜間対応型訪問介護における定期巡回サービスは、最低1日に1回訪問することが義務付けられている。
解答を見る >
A ×
 定期巡回サービスの提供回数については、特に要件は設けられておらず、事業者と利用者との間で取り決める。
Q3 夜間対応型訪問介護の提供時間は各事業所において設定できるが、最低限22時から翌朝6時までは含まなければならない。
解答を見る >
A ◯
 夜間対応型訪問介護を提供する時間帯は、各事業所において設定することになるが、夜間におけるサービス提供という性格を踏まえ、22時から6時までの間は最低限含むものとされている。
Q4 夜間対応型訪問介護は、ケアコール端末からの通報による随時訪問であれば、昼間のサービス提供も介護保険給付の対象となる。
解答を見る >
A ×
 夜間対応型訪問介護は、8時から16時までの間の時間帯を含むことは認められず、この時間帯については、訪問介護を利用することになる。
 「24時間通報対応加算」の算定要件を満たして日中にオペレーションセンターサービスを行う場合でも、訪問が必要と判断された場合は、連携する訪問介護事業所から訪問介護が提供される(夜間対応型訪問介護の随時訪問は、日中には提供されない)。
Q5 防犯上の理由から、夜間対応型訪問介護事業者が利用者から合鍵を預かることは禁止されている。
解答を見る >
A ×
 利用者から合鍵を預かる場合には、管理を厳重に行い、管理方法、紛失した場合の対処方法その他必要な事項を記載した文書を利用者に交付する。


ポイント解説

夜間対応型訪問介護のサービス内容

 以下のサービス内容が、一括して提供されます。

定期巡回サービス……夜間に、利用者の居宅を定期巡回して行う介護サービス。
オペレーションセンターサービス……オペレーションセンターサービス従業者が利用者からの随時通報を受け付け、通報内容などによって訪問の要否を判断する。
随時訪問サービス……随時通報に応じ、訪問して行う介護サービス。

夜間対応型訪問介護のサービス提供時間

 時間帯は各事業所において設定しますが、夜間におけるサービス提供という性格を踏まえ、22時から6時までの間は最低限含むものとされています。

 8時から16時までの間の時間帯を含むことは認められません。この時間帯については、訪問介護を利用することになります。
 「24時間通報対応加算」の算定要件を満たして日中にオペレーションセンターサービスを行う場合でも、訪問が必要と判断された場合は、連携する訪問介護事業所から訪問介護が提供されます。

トップへ戻る