認知症対応型通所介護の内容・介護報酬【一問一答 ケアマネ試験対策】

猫の写真

認知症対応型通所介護の内容・介護報酬について、◯か×で答えなさい

Q1 認知症対応型通所介護において、送迎時に実施した居宅内での介助等に要した時間は、サービス提供時間に含まれない。
解答を見る >
A ×
 送迎時に、利用者の居宅内で行った介助等(着替え、ベッド・車いすでの移乗、戸締まりなど)については、計画に位置づけて、介護福祉士など一定の要件を満たした者が行った場合、1日30分を限度にサービス提供時間に含むことができる
Q2 認知症対応型通所介護のサービス内容には、利用者の機能訓練が含まれる。
解答を見る >
A ◯
 認知症対応型通所介護では、入浴、排泄、食事などの介護、生活などに関する相談・助言健康状態の確認、その他必要な日常生活上の世話機能訓練を提供する。
Q3 認知症対応型通所介護において屋外でのサービスを提供する場合は、認知症対応型通所介護計画に位置付けられている必要がある。
解答を見る >
A ◯
 認知症対応型通所介護は、事業所内でサービスを提供することが原則だが、次に掲げる要件を満たす場合には屋外でサービスを提供することができる。

屋外でのサービス提供の要件
あらかじめ認知症対応型通所介護計画に位置付けられていること。
効果的な機能訓練等のサービスが提供できること。
Q4 認知症対応型通所介護では、9時間のサービス利用の後に連続して延長サービスを行った場合は、5時間を限度として加算を算定できる。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。

延長加算
 8時間以上9時間未満のサービスの前または後に、日常生活上の世話を行った場合で、それらの所要時間の通算が9時間以上の場合に、5時間を限度として算定する。
 ただし、利用者がその事業所に宿泊する場合等は算定しない。
Q5 認知症対応型通所介護では、もっぱら機能訓練指導員の職務に1日120分以上従事する理学療法士を1人以上配置し、個別の計画に基づいて機能訓練を行った場合は、個別機能訓練加算を算定することができる。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。

個別機能訓練加算(Ⅰ・Ⅱ)
 理学療法士等(専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員、柔道整復師、あん摩マッサージ師、一定の実務経験を有するはり師またはきゅう師)を1人以上配置し、利用者の居宅を訪問したうえで、他の職種と共同して個別機能訓練計画を作成する。それに基づき、計画的に機能訓練を行い、その後3か月ごとに1回以上、利用者の居宅を訪問して、訓練内容の見直し等を行った場合に算定する。
トップへ戻る