支援困難事例への対応【一問一答 ケアマネ試験対策】

猫の写真

支援困難事例への対応について、◯か×で答えなさい

Q1 援助を拒否する人には、その人の自己決定権を尊重しつつも、専門職は働きかけの努力を行う。
解答を見る >
A ◯
 援助の申し出を拒否された場合でも、根気よく訪問し続けて、アプローチのきっかけを見つけることが大切。
Q2 心理的な問題を抱えているクライエントに対しては、サービスの利用を勧めるべきではない。
解答を見る >
A ×
 クライエントが心理的な問題を抱えている場合、援助者は他の専門職と協力したり、助言を受けるなどして、クライエントが適切にサービスを利用できるように支援する。
Q3 家族介護者に、 老年期の疾患や行動についての知識が不足している場合は、 必要な情報の提供や助言を行う。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q4 家族間の意見の食い違いで援助が困難になっている場合には、専門職による家族関係の調整的援助が重要である。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
 家族間の葛藤には複雑な背景がある場合も多いが、それでも家族関係の調整的な援助を行うことが大切。
Q5 援助者の知識・技術の不足が、対応を困難にすることがある。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
 そのため、援助者は正しい知識・技術を身につけるようにする必要がある。
Q6 サービスに対するクライエントの理解を妨げないように、専門用語や外来語はなるべく使わないようにして情報の提供を行う。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q7 本人が決めたことを大事にすることが重要であり、本人が決めるプロセスは考慮しなくてよい。
解答を見る >
A ×
 援助目標(ゴール)は、本質的にはあらかじめ決めることはできないため、本人が最善のゴールを見つけられるよう、本人が決めるプロセスを支援することが大切。
Q8 本人の生命の危険が予見できる場合には、専門職は強力な介入を試みなければならない。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
トップへ戻る