主治医意見書【一問一答 ケアマネ試験対策】

猫の写真

主治医意見書について、◯か×で答えなさい

Q1 要介護認定を申請しようとする被保険者に主治医がいないときは、市町村の保健師が意見書を作成する。
解答を見る >
A ×
 主治医がいない場合は、市町村が指定する医師や市町村の職員である医師が診断し、主治医意見書を作成する。
Q2 主治医意見書は、要介護認定に用いられるものであり、介護支援専門員が居宅サービス計画作成に用いることは好ましくない。
解答を見る >
A ×
 介護支援専門員は必要に応じ、利用者の同意を得たうえで、主治医意見書を居宅サービス計画作成において活用できる。
Q3 主治医意見書の項目には、認知症初期集中支援チームとの連携に関する意見が含まれる。
解答を見る >
A ×
 そうした項目はない。
Q4 主治医意見書の項目には、社会生活への適応に関する意見が含まれる。
解答を見る >
A ×
 そうした項目はない。
Q5 主治医意見書の項目には、傷病に関する意見が含まれる。
解答を見る >
A ◯
 主治医意見書には「1.傷病に関する意見」という項目がある。
Q6 主治医意見書の項目には、認知症の中核症状が含まれる。
解答を見る >
A ◯
 主治医意見書の「3.心身の状態に関する意見」に「(2)認知症の中核症状」という項目がある。
Q7 3.主治医意見書の項目には、「短期記憶」の問題の有無が含まれる。
解答を見る >
A ◯
 主治医意見書の「3.心身の状態に関する意見」の「(2)認知症の中核症状」に「短期記憶」という項目がある。
Q8 主治医意見書における「医学的管理の必要性」の項目には、訪問薬剤管理指導が含まれる。
解答を見る >
A ◯
 主治医意見書の「(5)医学的管理の必要性」に、「訪問薬剤管理指導」がある。
Q9 主治医意見書の「サービス提供時における医学的観点からの留意事項」の項目には、飲水が含まれる。
解答を見る >
A ×
 そうした項目はない。
Q10 主治医意見書の「サービス提供時における医学的観点からの留意事項」の項目には、嚥下が含まれる。
解答を見る >
A ◯
 主治医意見書の「(6)サービス提供時における医学的観点からの留意事項」に、「嚥下」がある。


ポイント解説

主治医意見書の作成

 市町村は、申請してきた被保険者の主治医に主治医意見書の作成を求めます。

 被保険者に主治医がいない場合は、市町村が指定する医師市町村の職員である医師が診断し、主治医意見書を作成します。被保険者が正当な理由なく、市町村の指定する医師等の診断を受けない場合は、市町村は申請を却下できます。

関連Q&A
主治医意見書は、どのようにして市町村に渡るのですか?
 まず、被保険者が認定の申請の際に、主治医意見書を添付する必要はありません。  主治医意見書は、申請を受け付けた市町村が、被保険者の主治医に対して意見を求めて、主治医が「主治医意見書」を作成し、それを市町村が回収する、という流れになります。

主治医意見書の項目

 これには、次のものがあります。

基本情報
1 傷病に関する意見
2 特別な医療
3 心身の状態に関する意見
4 生活機能とサービスに関する意見
5 その他特記事項
項目の詳細
主治医意見書の項目
主治医意見書の項目 (2018中央法規ワークブックP41、八訂基本テキスト1巻P92) 申請者 氏名 生年月日(明...
トップへ戻る