訪問リハビリテーションの内容

猫の写真

訪問リハビリテーションの内容について、◯か×で答えなさい

Q1 介護保険の訪問リハビリテーションで提供されるリハビリテーションの内容は、主に回復期のリハビリテーションである。
解答を見る >
A ×
 介護保険の訪問リハビリテーションで提供されるのは、主に維持期のリハビリテーション。
Q2 炊事、掃除、洗濯などのIADL の維持改善は、訪問リハビリテーションの目的に含まれない。
解答を見る >
A ×
 訪問リハビリテーションの目的には、IADL の維持改善も含まれる。
Q3 筋萎縮、関節拘縮等の廃用症候群の予防も、訪問リハビリテーションの目的の1 つである。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q4 訪問リハビリテーションにおいては、福祉用具の利用や住宅改修について、専門的立場から適切な助言を提供することも重要である。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q5 要支援者に対しては、要介護状態になることの予防に重点が置かれたリハビリテーションを中心に行う。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。

ポイント解説

医療保険と介護保険の訪問リハビリテーション

 医療保険と介護保険の訪問リハビリテーションは、“時期”によって使い分けがされます。

医療保険が適用 急性期リハビリテーション
 発症直後からのリハビリテーション。
回復期リハビリテーション
 機能回復・ADL向上・早期社会復帰を目指すリハビリテーション。
介護保険が適用 維持期リハビリテーション
 急性期・回復期を過ぎて、生活機能の維持向上や活動性の向上を目指すリハビリテーション。

要介護度別の訪問リハビリテーション

 介護保険の訪問リハビリテーションは、要介護度によって次のように内容が異なります。

要支援1・2 予防的リハビリテーション
 介護が必要になる状態を予防する。
要介護1・2 自立支援型リハビリテーション
 ADL・IADLの自立を支援する。
要介護3・4・5 介護負担軽減型リハビリテーション
 介護者の負担の軽減を図る。
トップへ戻る