訪問リハビリテーションの内容【一問一答 ケアマネ試験対策】

猫の写真

訪問リハビリテーションの内容について、◯か×で答えなさい

Q1 介護保険の訪問リハビリテーションで提供されるリハビリテーションの内容は、主に回復期のリハビリテーションである。
解答を見る >
A ×
 介護保険の訪問リハビリテーションで提供されるのは、主に維持期のリハビリテーション
Q2 炊事、掃除、洗濯などのIADLの維持改善は、訪問リハビリテーションの目的に含まれない。
解答を見る >
A ×
 訪問リハビリテーションの目的には、IADLの維持改善も含まれる。
Q3 筋萎縮、関節拘縮等の廃用症候群の予防も、訪問リハビリテーションの目的の1つである。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q4 訪問リハビリテーションにおいては、福祉用具の利用や住宅改修について、専門的立場から適切な助言を提供することも重要である。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q5 要支援者に対しては、要介護状態になることの予防に重点が置かれたリハビリテーションを中心に行う。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。


ポイント解説

医療保険と介護保険の訪問リハビリテーション

 医療保険と介護保険の訪問リハビリテーションは、“時期”によって使い分けがされます。

リハビリテーションの分類
予防的リハビリテーション 加齢による心身機能の低下が進んで要介護となるリスクが高い人に対して、介護予防として行われる。介護保険の給付対象で、地域支援事業においても行われている。
治療的リハビリテーション 医療保険の給付対象で、以下の2つがある。

急性期リハビリテーション……発症(手術)直後から、廃用症候群の予防を目的として行われる。
回復期リハビリテーション……急性期に続いて、機能回復、ADLの向上、早期の社会復帰を目的として行われる。
維持的リハビリテーション 治療的リハビリテーションで獲得された機能を維持・向上するために行われる。介護保険の給付対象となる。

要介護度別の訪問リハビリテーション

 介護保険の訪問リハビリテーションは、要介護度によって次のように内容が異なります。

要支援1・2 予防的リハビリテーション
 介護が必要になる状態を予防する。
要介護1・2 自立支援型リハビリテーション
 ADL・IADLの自立を支援する。
要介護3・4・5 介護負担軽減型リハビリテーション
 介護者の負担の軽減を図る。
トップへ戻る