介護老人福祉施設の人員・設備基準【一問一答 ケアマネ試験対策】

猫の写真

介護老人福祉施設の人員・設備基準について、◯か×で答えなさい

Q1 介護老人福祉施設の入所者数が30人以上50人未満の場合は、常勤換算で2以上の看護職員を配置しなければならない。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり(詳細は、後述の「ポイント解説」を参照)。
Q2 介護老人福祉施設には、他の職務と兼務していない常勤の介護支援専門員を1名以上置かなければならない。
解答を見る >
A ×
 介護支援専門員は、入所者の処遇に支障がない場合は、その施設の他の職務に従事することができる。
Q3 介護老人福祉施設の管理者は、原則として、医師でなければならない。
解答を見る >
A ×
 介護老人福祉施設の管理者は、「常勤の者を配置。ただし、管理に支障がなければ、同一敷地内の他の事業所・施設等の職員と兼務可」とされている。しかし、「医師でなければならない」とはされていない。
Q4 ユニット型介護老人福祉施設では、昼間は一つのユニットごとに、常勤1名以上、夜間は二つのユニットごとに1名以上の介護職員又は看護職員を配置することが必要である。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q5 ユニット型介護老人福祉施設では、一つのユニットごとに、常勤のユニットリーダーを配置することになっている。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q6 介護老人福祉施設の医務室は、医療法に規定する診療所でなければならない。
解答を見る >
A ◯
 設備基準において「医務室 医療法に規定する診療所とすること。入所者を診療するために必要な医薬品および医療機器を備えるほか、必要に応じて臨床検査設備を設けること」とされている。


ポイント解説

介護老人福祉施設の人員基準

 これは、次のようなものです。

医師  入所者に対し健康管理および療養上の指導を行うために必要な数(具体的な数は規定されていない)。非常勤でも可。
生活相談員  入所者の数が100またはその端数を増すごとに1人以上。常勤であること。
看護・介護職員  入所者の数が3またはその端数を増すごとに1以上(常勤換算)。

看護職員については、
・入所者数が30人未満の場合は1人以上(常勤換算)
・入所者数が30人以上50人未満の場合は2人以上(常勤換算)
・入所者数が50人以上130人未満の場合は3人以上(常勤換算)
・入所者数が130人以上の場合は3人、プラス 入所者数50人またはその端数を増すごとに1人を加えた数以上(常勤換算)
・看護職員のうち1人以上は常勤

介護職員については、夜勤を含めて常時1人以上の常勤職員を置くこと。
栄養士  1人以上。ただし、入所者数が40人以下で他の施設の協力があり、入所者の処遇に支障がない場合は配置しなくても可。
機能訓練指導員  1人以上。日常生活機能の改善、または減退防止の訓練ができる能力のある者。他の職務との兼務可。
介護支援専門員  1人以上。入所者数が100人またはその端数を増すごとに1人以上。常勤であること。支障がない場合は、他の職務との兼務可。
管理者  常勤の者を配置。ただし、管理に支障がなければ、同一敷地内の他の事業所・施設等の職員と兼務可。
トップへ戻る