介護老人福祉施設の運営基準

猫の写真

介護老人福祉施設の運営基準について、◯か×で答えなさい

Q1 介護老人福祉施設は、サービスの提供を求められた場合は、被保険者資格、要介護認定の有無及び要介護認定の有効期間を確かめなければならない。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q2 介護老人福祉施設は、入所者の退所に際しては、退所の年月日をその被保険者証に記載しなければならない。
解答を見る >
A ◯
 介護老人保健施設は、入所に際しては入所の年月日と介護保険施設の種類・名称を、退所に際しては退所の年月日を、入所者の被保険者証に記載しなければならない。
Q3 介護老人福祉施設は、居宅での日常生活が可能と認められる入所者に対し、円滑な退所のための援助を行わなければならない。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q4 介護老人福祉施設は、入所者の退所に際しては、居宅介護支援事業者に対する情報の提供に努めなければならない。
解答を見る >
A ◯
 介護老人福祉施設は入所者の退所に際して、居宅サービス計画の作成等の援助に資するため、居宅介護支援事に対する情報提供や、保険医療・福祉サービス事業者との連携に努めなければならない、とされている。
Q5 介護老人福祉施設は、居宅介護支援事業者等に対して入所者の情報を提供する際には、あらかじめ文書により入所者の同意を得なければならない。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q6 介護老人福祉施設は、入所者が入院する場合には、3か月間は空床にしておかなければならない。
解答を見る >
A ×
 入院期間中は空床にする必要はなく、短期入所生活介護などに活用できる。
Q7 介護老人福祉施設は、施設長、生活相談員、介護職員、看護職員、介護支援専門員等で構成する入所に関する検討委員会を設けるものとする。
解答を見る >
A ◯
 運営基準において、入退所について次のように規定されている。

介護老人福祉施設における入所に関する検討についての規定
介護老人福祉施設は、入所者の心身状況や置かれている環境などに照らし、その者が居宅において日常生活を営むことができるかどうかについて定期的に検討しなければならない。
検討に当たっては、生活相談員、介護職員、看護職員、介護支援専門員などの従業者の間で協議しなければならない。

Q8 介護老人福祉施設は、第三者によるサービスの質の評価を受けなければならない。
解答を見る >
A ×
 介護老人福祉施設の運営基準に、設問のような規定はない。

 なお、全てのサービスの運営基準において、「自ら提供するサービスの質の評価を行い、常にその改善を図らなければならない」とされている。

Q9 介護老人福祉施設の広告をすることは禁じられている。
解答を見る >
A ×
 広告そのものは可能で、運営基準において「広告をする場合は、その内容が虚偽または誇大なものであってはならない」とされている。
トップへ戻る