パーキンソン病【一問一答 ケアマネ試験対策】

猫の写真

パーキンソン病について、◯か×で答えなさい

Q1 パーキンソン病では、安静時の振戦や、あらゆる動作が乏しくなる無動などもみられる。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
 なお、パーキンソン病の四大運動症状は安静時の振戦無動筋固縮姿勢・歩行障害
Q2 パーキンソン病では、精神症状、自律神経症状は出現しない。
解答を見る >
A ×
 パーキンソン病が進行すると、自律神経症状(起立性低血圧、排尿障害など)、治療薬の副作用としての不随意運動(ジスキネジア)や精神症状(幻覚、妄想など)が出現することがある。
Q3 パーキンソン病の治療は、薬物療法が基本である。
解答を見る >
A ◯
 パーキンソン病の治療の基本は薬物療法で、L―ドパ製剤などが用いられる。
Q4 L―ドパ製剤は、パーキンソン病治療に有効であるが、長期間使用すると、不随意運動や、幻覚・妄想等の精神症状を生じることがある。
解答を見る >
A ◯
 L―ドパ製剤は、使用して数年すると有効時間が短縮し、不随意運動(ジスキネジア)、精神症状(幻覚、妄想など)といった副作用が現れることがある。
Q5 悪性症候群は、パーキンソン病薬の内服を開始したときに出現する。
解答を見る >
A ×
 抗パーキンソン病薬を継続して服用している場合に、急に服用を中止・減量すると悪性症候群(高熱、意識障害、筋硬直、ふるえなど)が出現することがある。
Q6 パーキンソン病患者に対してリハビリテーションを行う場合には、薬効などによる体調の変化が大きいため、患者の身体の動きやすさの変化に注意する。
解答を見る >
A ◯
 パーキンソン病が進行すると、1日のうちで薬効がある時間とない時間がみられるようになって、病状が変動しやすくなる。リハビリテーションの行う際には、こうしたことに注意する必要がある。
Q7 パーキンソン病が介護保険の特定疾病に該当するためには、ホーエン&ヤールのステージⅢ以上である必要がある。
解答を見る >
A ×
 パーキンソン病が介護保険の特定疾病に該当するためには、ホーエン&ヤールのステージⅢ以上であって、かつ生活機能障害度Ⅱ・Ⅲである必要がある。


ポイント解説

パーキンソン病

 パーキンソン病は、脳の黒質の神経細胞が変性・消失することにより、脳内物質のひとつであるドパミンが減少することで起こる神経変性疾患です。

症状

パーキンソン病の四大症状
安静時の振戦 じっとしているときに、振戦(筋肉が不随意に収縮と弛緩を繰り返して起こる震え)が起こる。手足を動かしたりすると、止まる。
無動 あらゆる動作が乏しくなる。仮面様顔貌(表情のない、仮面のような顔つき)も現れる。
筋固縮 筋肉が緊張して、手足、肩、首などの動きが悪くなる。他の人が手足などを掴んで筋肉を伸ばそうとすると、歯車現象(カクンカクンとした抵抗感)を示す。
姿勢・歩行障害 前屈した姿勢となり、小刻みに歩く。転倒しやすくなる。

 パーキンソン病が進行すると、自律神経症状(起立性低血圧、排尿障害など)、治療薬の副作用としての不随意運動(ジスキネジア)や精神症状(幻覚、妄想など)が出現することがあります。

治療・リハビリテーション

 パーキンソン病の治療の基本は薬物療法で、ドパミンを体外から補うL―ドパ製剤などが用いられます。L―ドパ製剤は、使用して数年すると有効時間が短縮し、不随意運動(ジスキネジア)、精神症状(幻覚・妄想など)といった副作用が現れることがあります。薬が効きにくくなると、深部脳刺激療法や定位脳手術を行うことがあります。

 また、抗パーキンソン病薬を継続して服用している場合に、急に服用を中止・減量すると悪性症候群(高熱、意識障害、筋硬直、ふるえなど)が出現することがあります。

 パーキンソン病が進行すると、1日のうちで薬効がある時間とない時間がみられるようになって、病状が変動しやすくなります。リハビリテーションの行う際には、こうしたことに注意する必要があります。

介護保険の特定疾病

 パーキンソン病が介護保険の特定疾病に該当するためには、ホーエン&ヤールのステージⅢ以上であって、かつ生活機能障害度Ⅱ・Ⅲである必要があります。

特定疾病の範囲は、以下の「ポイント解説」を参照
特定疾病について、◯か×で答えなさい Q1 特定疾病は、第1号被保険者についての保険給付の要件となる疾病である。 解答を...
トップへ戻る