介護老人保健施設の基準・役割と機能【一問一答 ケアマネ試験対策】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の写真

介護老人保健施設の基準・役割と機能について、◯か×で答えなさい

Q1 都道府県知事の承認を受けて、医師以外の者を管理者にすることができる。
解答を見る >
A ×
  介護保険法において、「都道府県知事の承認を受けた医師に管理させなければならない」とされている。ただし、「都道府県知事の承認を受け、医師以外の者に管理させることができる」ともされている。つまり、管理者は医師以外でも可ということ。
Q2 介護老人保健施設の従業者として、薬剤師の配置は定められていない。
解答を見る >
A ×
 薬剤師は、施設の実情に応じた適当数(入所者の数を300で除した数以上が標準)とされている。
Q3 介護老人保健施設は、入所者の退所に際しては、希望している指定居宅介護支援事業者に対する必要な情報のほか、サービス提供者との必要な連携に努める。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q4 介護老人保健施設の入所者が居宅において日常生活を行うことができるかどうかについて、医師、看護師、介護職員、支援相談員等が定期的に協議し、検討しなければならない。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
 なお、この場合の「定期的」は「少なくとも3か月ごと」とされている。また、内容等を記録しなければならないともされている。
Q5 介護老人保健施設は在宅復帰施設としての役割・機能があるが、在宅生活の継続を支える役割もある。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
 また、包括的ケアサービス施設、リハビリテーション施設、地域に根ざした施設としての役割もある。


ポイント解説

介護老人保健施設の役割・機能

包括的ケアサービス施設 医療と福祉を総合したサービスの提供。
リハビリテーション施設 生活機能の向上を目指した、生活期(維持期)リハビリテーションの提供。
在宅復帰(通過)施設 チームケアによる、在宅復帰に向けたサービスの提供。
在宅生活支援施設 在宅生活の継続のための、利用者と家族への支援の実施。
地域に根ざした施設 家族やボランティアなどに向けた、ケア教育の実施。
トップへ戻る