障害者総合支援法と介護保険制度の関係【一問一答 ケアマネ試験対策】

猫の写真

障害者総合支援法と介護保険制度の関係について、◯か×で答えなさい

Q1 40歳以上65歳未満の医療保険に加入している障害者は、原則として、介護保険の被保険者となる。
解答を見る >
A ◯
 障害者であっても、40歳以上65歳未満で医療保険に加入している場合は、介護保険の第2号被保険者となる。
Q2 障害者が65歳になった場合には、介護保険法の適用を受けるため、それ以後障害者福祉サービスは利用できない。
解答を見る >
A ×
 障害者福祉サービスと介護保険のサービスは併用可能。

 なお、障害者福祉サービスと介護保険のサービスで内容が重なるものについては、基本的には介護保険が優先して給付される。介護保険にはない、障害者福祉サービス固有のものについては、障害者福祉サービスを利用することができる。

Q3 介護支援専門員は、介護保険の被保険者であって居宅サービスを利用する障害者に対しては、居宅サービス計画を作成する必要はない。
解答を見る >
A ×
 障害者であっても、介護保険の被保険者で居宅サービスを利用する場合は、通常どおり居宅サービス計画を作成する。
Q4 身体障害者福祉サービスのガイドヘルプサービスは、介護保険の支給限度基準額の対象とはなない。◯
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。
Q5 成年後見制度利用支援事業は、介護保険では任意事業であるが、障害者総合支援法では必須事業とされている。
解答を見る >
A ◯
 設問のとおり。

障害者自立支援法 地域生活支援事業の詳細は、以下の「ポイント解説」を参照
障害者総合支援法の仕組みと内容【一問一答 ケアマネ試験対策】
障害者総合支援法の仕組みと内容について、◯か×で答えなさい Q1 障害者総合支援法の障害者の範囲には、難病等が含まれる。 ...
介護保険 地域支援事業の任意事業の詳細は、以下の「ポイント解説」を参照
任意事業【一問一答 ケアマネ試験対策】
任意事業について、◯か×で答えなさい Q1 介護給付等費用適正化事業は、任意事業である。 解答を見る > A ◯ ...
トップへ戻る